ゆず 配信シングル「公園通り」伊藤園「お〜いお茶」CMソング 2018年5月29日(火)リリース

ゆず 配信シングル「公園通り」
公園通り

Episode of 公園通り

遡ること20年。デビューミニアルバム『ゆずの素』、2ndミニアルバム『ゆずマン』をリリースし、 “フォーク・エンターテイナー”というキャッチフレーズで 徐々にその名前を世の中に広げていったゆず。

そんな彼らが、横浜・伊勢佐木町の路上ライブを飛び出し、初めて有料ライブに 臨んだ場所が、東京・渋谷公園通り劇場だった。

当時、吉本興業が運営していた同劇場にミュージシャンが出演することは特例だったが、 ゆずの“もっと自由に、ゆずのエンターテインメントを表現する上で、 あえて普通のライブハウスではない場所”として、この場所を選択。

会場に集った観客は約150人。3時間のライブ中、半分をトークで占めていたなど、ゆずにしかできない 唯一無二のステージを披露し、後の1stシングル「夏色」への 拍車をかけていった。

そんな渋谷公園通り劇場。
1998年3月3日の初公演。
同年5月29日・30日の2DAYS。

あれから20年。

デビュー21年目を迎えてリリースされる「公園通り」。 この曲は、当時のゆずの想い、情景が核となってつくられた1曲。

久しぶりにみんなにあえるね

ゆずマン

名前ゆずマン

年齢5才

果汁幼稚園さくら組。
寂しがり屋で強がりで人見知り。
ちょっとドライなところもある男の子。
でも本当はすなお。ゆずの二人とも仲良しで、
ゆーじん、がんちゃんって呼ぶほど。
たぶん二人のことは、同じ幼稚園のトモダチだと思ってる。

あくびちゃん

名前あくびちゃん

性別女の子

年齢1才

2018年の春、ゆず一家に新たに加わったゆずネコ。
のんびり屋でいつも眠そう。
時間があれば、駐車場であくびばっかりしている。
ミルクを飲んでいるときとゆずマンと遊んでいるときが一番しあわせ。

TOP